土曜日, 9月 27, 2014
3 名前:以下、VIPがお送りします 2008/09/07(日) 08:15:49.21 ID:HljENu8CO
馬「すばらしい念仏だ…」
神速(´・ω・)VIP:犬「ふう…棒には当たらなかったぜ…」 (via plasticdreams) (via otsune) (via xyo, plasticdreams) (via gkojay) (via pipco)
結婚するなら極力「勝手に幸せでいてくれる人」を選ぶことをおすすめする。不幸気取りの人を幸せにするなんて、並の人間には無理っすわ。 Twitter / tomyuo (via hutaba)
カーディガンを着たくなったら秋で、ココアを飲みたくなったら冬だよ ねこ汁 on Twitter (via chptr22)
大事な話の時に、隣の人に私語をすると、隣の人のチャンスも奪う。
 運を見つけられないのは、話を聞く時に黙れない人です。
 常にしゃべっていないと落ちつかないのです。
 運は自分がしゃべっている時ではなく、聞いている時に見つけられます。
成功する人の一見、運に見える小さな工夫 ビジネスセンスを磨く55の気づきと行動 / 中谷彰宏 (via ebook-q)

いるいる、こんな奴。

(via wdbrkbrmghm)
「階級はなんのためにあたえてあるのか? 命令違反するときを判断できる者にあたえられているのだ。規則どおり、命令どおりするだけなら、貴様は将校ではなく、兵士でよい」とウイリアム皇太子。
 これ以来、軍隊の階級の意義は、この考え方が世界の常識となっている。
戦術と指揮 命令の与え方・集団の動かし方 / 松村劭 (via ebook-q)
車間距離はその人の器の広さと同じだって知り合いのオッサンが言ってた

父親が信号待ちの時に車間距離めっちゃ詰めるんだが… : ソニック速報 (via akb603)

頑張って詰める人って何のために詰めているのかいつも気になる. べつに目的地に早く着かないだろ

(via bgnori)

この言葉は受け売りなんだが、
「互いに利害が対立する中でも、穏やかに冷静に接してくる人物はあなどれない」
これはマジだと思った。
仕事で、
落ち着いて接してくる人物ほど物事を深く考えていて、
さらには狡猾だった。
下手すると相手のペースになってしまう。

暇人\(^o^)/速報 : 年齢を重ねてわかったこと - livedoor Blog(ブログ) (via usaginobike) (via gkojax) (via dannnao) (via takaakik) (via kynbit) (via hanemimi) (via lain65) (via ljmp) (via theemitter) (via yaruo)
2009-10-14 (via gkojax-text) (via huzitaka) (via nazy2740) (via reblogeek) (via akobay80) (via parc-box) (via xlheads) (via junsakura) (via tobyluigi) (via megane4141) (via semimarup) (via exposition)

かっかしながら頭と口が両方回る奴はそうそう居ない

(via bgnori) (via pipco)
金曜日, 9月 26, 2014
「ウチの社員は失敗を怖れてリスクを取ろうとしない」という不満が管理職から出ることは、日本企業では珍しくないが、それは成功しても昇進や昇給が大してあるわけでもなく、でも失敗した時のペナルティは大きいというインセンティブの非対称性で説明できないか、部下の資質を疑う前に考えてもよい。 Twitter / copinemickmack (via toronei)
シリコンバレー成功の要因を現地の方々に聞くと、最終的には「年間300日快晴の気候(湿気も無く、夏は暑すぎず冬もそれほど寒くない)」に尽きる様子。 「徹夜で作業して、清々しい朝日の下に出ると『俺って天才』と思う、これが重要。クレイジーになれる気候なんだ」とのこと

https://twitter.com/kumagai_chiba/status/488194402548854785 (via bgnori)

気候大事よね

(via neetria)

さて、働いてくれる人の良心やモラルを破壊する最も簡単な方法はなんでしょうか。それは、働いてくれる人を信用しない事、酷く扱う事であります。

勤め人を丁重に扱わない企業は毎日地雷を踏んでいる様なものだ - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース) (via do-nothing)

IT技術派遣で転々としてると色々見える

(via hyasuura)